2017年3月17日 更新

どうしようもなく好きなモノがある!私たちのハァハァ♪

どうしようもなく好きなモノ・・彼女達にとってのそれは、ロックバンド「クリープハイプ」。地元福岡から東京ライブを目指して、無謀とも言える自転車旅行をスタートさせます。エモーショナルでセンシティブな年代特有の青春ロードムービーに注目です♪

42 view お気に入り 0

◆「私たちのハァハァ」あらすじ♪

gettyimages (2570)

高校最後の夏休み。
これが過ぎれば受験というリアルが待ち構える微妙な年齢ですよね。
当たり前だった日常が変わってしまう・・友達とバラバラになってしまうかも・・と、
当時の心境をシンクロさせてしまう人も多いでしょう。

まさにそんな不安を感じている仲良し4人組は、ロックバンド「クリープハイプ」の大ファン!
福岡公演の終了後、みごと出待ちに成功♪
メンバーがファンに放った「東京のライブにも来てね」という、悪意のない一言を真に受けてしまいます。
誘ってもらった!と勘違いした彼女たちは、
福岡から東京までの1000キロを自転車で慣行しようと出発してしまうのです。

衝動的に行動を起こした彼女達ですが、無計画がたたりトラブルが続出!
自転車はパンクしてしまうし、お金も底をついてしまいます。
もちろん、寝泊りできる場所も確保していません。
トラブル続きの上に、東京ライブの日程は刻々と近づいてきます。
遂には、思い通りにいかない焦りから仲間割れの危機に。
彼女たちは無事に東京ライブに間に合うのでしょうか・・。

◆素人女子高生の素朴な演技♪

gettyimages (2573)

この作品の見所は、何と言っても素人同然の女子高生が醸し出す素朴な演技でしょう。
POVという撮影手法に加えて、
今の世代に欠かせない「TwitterやLINE」というツールを使用するのが、リアル感をUPさせています。
ちなみに、この作品で活躍した4名は、それぞれ次回作でも注目を集めており、
女優としてこの上ないスタートを切ったと評価されています。

◆実在のバンド「クリープハイプ」とは?

gettyimages (2574)

本作の監督を務めた松居大悟監督とも交流のあるロックバンド。
監督自らが主催する「劇団ゴジゲン」の公演では、開演前にクリープハイプの楽曲を流す事もあるんだとか。
ちなみに、オリコン初登場2位となった「愛の点滅」は、
真木よう子さんの主演映画「脳内ポイズンベリー」の主題歌として知られています。

◆評判作を抑えての受賞♪

gettyimages (2572)

【受賞履歴】

・「スカパー!映画チャンネル賞」
・「ゆうばりファンタランド大賞」
「私たちのハァハァ」と言えば、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭。
2015年度の同映画祭で2冠に輝いた事で注目を集めた作品です。
しかも当初の下馬評で、
ダントツ人気だった「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を抑えての受賞に、
驚きを隠せない関係者も多かったとか。
ちなみに、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は、アカデミー賞受賞作品なんですよ♪

◆松居大悟監督のコメント♪

初期衝動と地方の女子と東京までの距離。そこに素敵なものが絶対あって、ほぼ演技未経験の現役女子高生4人にカメラを持たせて、北九州から東京までハァハァしながら撮影しました。どうしようもなく大好きなものがあるすべての方に捧げます。
thinkstock (2578)

21 件
au損保から自転車に関する耳より情報をお送りします
友だち追加


関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

◆自転車向けの便利なアプリはコチラから◆


au損保からワンちゃん・ネコちゃんや自転車に関する情報を定期的にお届け!


おすすめの記事

今注目の記事