2017年3月17日 更新

自転車を安全に運転するためにLEDライトを装着しましょう

自転車を運転する際に、ライトは必ず付けておく必要があります。 そもそも自転車に付属しなければいけないものとは何でしょうか? 自転車のライトについての決まりはどうなっているのか。 LEDライトが良い理由と取り付け方などを紹介します。

457 view お気に入り 0

自転車の付属品

gettyimages (1115)

(自転車の制動装置等)
第63条の9 自転車の運転者は、内閣府令で定める基準に適合する制動装置を備えていないため交通の危険を生じさせるおそれがある自転車を運転してはならない。
2 自転車の運転者は、夜間(第52条第1項後段の場合を含む。)、内閣府令で定める基準に適合する反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。ただし、第52条第1項前段の規定により尾灯をつけている場合は、この限りでない。
自転車を運転する際に、自転車に付属させておかなければいけないものがいくつかあります。
法律や条例で義務づけられているのが、ベル、ブレーキです。
これは必ず付けておかなければ道路交通法違反になってしまいます。自転車販売店で購入されるものに関しては、このようなものは当然付いていると思いますので問題はないと思います。
そして、夜間走行する際には、ライトの点灯が必要になります。
反射器材を利用される場合は、車のライトで照らしたときに適切に見える反射器材でなければいけないとなっています。

自転車とライト

gettyimages (1116)

ライトを点灯することによって、前方から来る歩行者や自動車などにも気付いてもらいやすくなり、運転中も障害物などが見えやすくなりますよね。
ライトの明るさや色など、細かい部分は各都道府県で定められているため、ご自身の地域の決まりをきちんと確認しておきましょう。

ロードバイクの場合

一般的なシティサイクルと違ってロードバイクやクロスバイクと呼ばれるスポーツ自転車にはリフレクターと呼ばれる反射板はついていてもライトそのものは付属していないケースがほどんどです。夜間やトンネルなど暗い場所を走る時など安全性を確保するためのヘッドライトは必須アイテム。
人気のクロスバイクなどには、購入の際にライトが付いていないことが多いですよね。
ライトが付いていない自転車を所有されている方は、ライトを所持しておくのが良いです。ライトは装備義務まではないため、ヘッドライト等の点灯でも違反にはなりません。
最近ではLEDライトがコンパクトで持ち運びに便利ですし、とても明るく照らしてくれる製品も多く販売されています。

取り付け角度

thinkstock (1118)

真正面にまっすぐ向けてしまうと、対向車に対して目くらましになってしまう。

基準は水平の位置に自転車を置いて、点滅モードではなく連続点灯モードの状態で10m先の路面が照らせるやや下向きの角度。こうすることで対向車からもしっかりと視認される。
LEDライトはとても明るく照らしてくれますが、その分対向車にとてもまぶしい光となってしまう事があります。
取り付ける際の注意点として、取り付け角度には気をつけておきたいところです。
取り付け方は説明書に沿って行いましょう。難しくはないですよ。

充電式が良い

23 件
au損保から自転車に関する耳より情報をお送りします
友だち追加


関連する記事 こんな記事も人気です♪

【買物の利用】便利な自転車の選び方とは?選び方のポイント

【買物の利用】便利な自転車の選び方とは?選び方のポイント

買物利用に便利な自転車とはどういったものでしょうか。やはり丈夫で走りやすいママチャリがいいようです。 そんなママチャリを選ぶ際に知っておきたいポイントについて調べてみました。
1,007 view
買う前にチェック!知ると得するロードバイクの選び方

買う前にチェック!知ると得するロードバイクの選び方

自転車ブームが盛り上がり、購入して乗り始めようと思っている方。既に乗り始めていて、ロードバイクも一度は乗ってみたいと憧れを抱いている方。ロードバイクは、自転車界の中で最も速度が出ますし、それだけにお値段が上がる傾向に。とりあえずでも知っておいて損のない、ロードバイクの選び方についてまとめてみました。
638 view
【決定版】子供のための自転車の選び方♪

【決定版】子供のための自転車の選び方♪

維持費がかからないし、ちょっとしたお出かけにもってこいなのが「自転車」ですよね。でも、大人とは違って子供の自転車は慎重に選ぶ必要があるってしっていましたか?そこで、子供の自転車の選び方についてまとめました。ここを読んですぐにでも自転車ライフをスタートさせましょう♪
108 view
【ハンドルの選び方】ママチャリを快適に走行するために

【ハンドルの選び方】ママチャリを快適に走行するために

ママチャリで少しでも快適に、そして安全に走行するためにはハンドル選びはとても重要です。 用途によってハンドルの種類を変えることが重要なようです。そしてハンドルを取り付ける際の高さや、ハンドルの材質についてなどを紹介します。
2,687 view
【かごなし自転車】買物が不便にならないようにする方法とは

【かごなし自転車】買物が不便にならないようにする方法とは

かごなし自転車で、買物に行くのはとても不便ですよね。ちょっとしたものならいいのですが、食品などそれなりに重量がある場合は、かごなし自転車は買物に不向きです。そこでかごなし自転車でも買物が不便にならない方法について考えてみました。
4,605 view

この記事のキーワード

◆自転車向けの便利なアプリはコチラから◆


au損保からワンちゃん・ネコちゃんや自転車に関する情報を定期的にお届け!


おすすめの記事

今注目の記事