2017年3月17日 更新

マナーを守って、楽しい自転車ライフを送る~東京編~

自転車ブームで生活に取り入れようと思っていても、東京都内であれば交通機関が発達しているので、なかなか自転車通勤や通学を選択することは少ないのでは?実は都内には「サイクリングロード」の場所も充実していて、自転車を楽しめる環境が整備されています!

223 view お気に入り 0

自転車ブームに感化されて

東京は言わずと知れた大都会です。
北海道や東北と違い、雪も比較的降りませんし、気候的にはかなり自転車ライフに最適な場所です。

ですが、自転車で移動するには太い道路が多く、
車と並走するとなると安全面に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、運動して体を鍛え、さらにストレスまで発散できる自転車に乗るメリットを、
簡単にあきらめてしまってはもったいありません。
自転車ユーザーの増加を後押しするために、企業側も都内で自転車の安全教室を開き、自転車の乗り比べなどを行っています。
21世紀初頭の自転車ブームでは、ロードバイクが業界をけん引していましたが、最近都内の高感度な人たちの間ではロードバイクだけでなく電動自転車も流行っているようです。
東京都内の様な多数の文化が集まっているところでは、
高感度な人たちが新しい自転車ブームを起こしているんですね。

思いのほか坂の多い東京

自転車愛好家の間で用いられる「激坂(げきさか)」という言葉をご存知でしょうか。

勾配が急な坂道のことで、基準が明確に定められているわけではありませんが、ある程度の訓練を積んだ自転車乗りでなければ上りきることが困難あるいは不可能なレベルのものをを指す言葉だそうです。

全国でも坂道が多いとされる東京都内には、そんな攻略困難な激坂が多数!
都内にある「坂」を紹介しているサイトもあり、自転車乗りは制覇を目指しているようです。
東京は自転車ユーザーが多いということがうかがえます。
gettyimages (1736)

「まさか!お台場で!ヒルクライム!」
東京・お台場の大型商業施設「ダイバーシティ東京」で、まさかのヒルクライムレースが開催!?
その名も「ダイバーシティ東京・ビルクライム」。
カテゴリーは、国内TOP選手も参戦予定のエリートから、キッズ、一般、電動アシスト部門まで多種多様!
またゴール地点は、ダイバーシティの駐車場の中という日常では“ありえない”場所に設定。
レースの模様をライブ実況で見つつ、飲みながら食べながらの応援もOK(予定)。
史上初の「非日常空間」を制すのは誰だ!?
脚に自信のあるビルクライマーたちの挑戦求む!
「坂」が有名である東京。
立体駐車場の「坂」を利用した、面白い自転車イベントも都内では開かれたことがあります。
これは、自転車に興味を持っているい人が多いことを表しているでしょう。

自転車マナーをおさらい

自転車はあくまで軽車両。
車道を走るのが原則!
歩道と車道の区別のある所は、車道通行が原則。歩道はあくまでも例外です。
自転車で都内を走るときに大事なのは、交通区分を理解しながら走る事です。
その際に、車道を走るのが正解だからと言って、
我が物顔で好き勝手に安全確認をせずに走るのはマナー違反です。
車道には、自転車だけでなくバイクや自動車といった様々な他の交通があります。
これらに対する気配り、マナーは相手のためだけでなく、ひいては自分の安全を守ってくれます。
マナーを守るために最低限押さえておくことは、
国や自治体が発行する自転車関連のマナー教本や、ホームページに記載されています。
特に都内では交通量が多いので、走行マナーを守るのは必須条件でしょう。

東京だと、どこへ行くのがオススメ?

せっかく自転車を買ったのに、ちょっとした移動にしか使っていないのでは勿体ない!
是非とも気持ちよいサイクリングを楽しんでください。
充実したサイクリングスポットが都内にはありますし、スポットへのアクセスも豊富です。
マナーとルールを守れば、
自転車スポットは初心者から上級者まで幅広く受け入れてくれる、安全で楽しい場所です。
荒川サイクリングロード[3][4]は正式名称ではなく、埼玉県道155号さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道線[5]および沿岸自治体によってサイクリングコースとして整備されている道(基本的に自転車歩行者専用道路となっている)および、それに類する道路(河川区域内の河川管理用道路や生活道路など)を総称して呼ばれているため、正式な起点・終点はない。
荒川はスーパー堤防整備によって、二車線道路に匹敵する緊急用河川敷道路(河川管理用道路)を河口より(断続的ながらも)数十㎞に渡って河川区域内に擁している。下流域の河川敷は公園やゴルフ場のほか、野球場やサッカーコート等のレクレーション施設として利用されており、その利用者と自転車の接触事故が多いことから、笹目橋より下流側を管轄する[6]荒川下流河川事務所は、安全上、2010年4月1日から運用されている「荒川下流河川敷利用ルール」において「自転車はいつでも止まれるスピードで走行すること(目安として時速20km以下)」と定めている[7][8]。また、2013年11月からの運用を目指す「荒川下流河川敷利用ルールの改定案」では、注意喚起の度合いが穏やかな[9]「マナー」として「自転車は徐行し、歩行者を優先しましょう。」としている[10]。
区間解説[編集]
都内のサイクリングスポットとして外せないのが荒川サイクリングロード、通称荒サイです。
都内においては、下流域で道幅も広く、初心者の方やスポーツバイク以外でも楽しむことができます。

そのまま上流に行けば、埼玉の奥地まで行くことも可能です。
26 件
au損保から自転車に関する耳より情報をお送りします
友だち追加


関連する記事 こんな記事も人気です♪

マニアの世界をのぞいてみる「ロードバイクの組み立て方」

マニアの世界をのぞいてみる「ロードバイクの組み立て方」

自転車って自分で組み立てられるって知ってました? おおむね、フレーム、パーツ、ホイールで成り立ってるわけですから、 この3つを使えば組み立てることができます。 とはいえ、主な作業はパーツ(部品)の組み付けですけどね。 その作業についてまとめてみました。
3,691 view
買う前にチェック!知ると得するロードバイクの選び方

買う前にチェック!知ると得するロードバイクの選び方

自転車ブームが盛り上がり、購入して乗り始めようと思っている方。既に乗り始めていて、ロードバイクも一度は乗ってみたいと憧れを抱いている方。ロードバイクは、自転車界の中で最も速度が出ますし、それだけにお値段が上がる傾向に。とりあえずでも知っておいて損のない、ロードバイクの選び方についてまとめてみました。
707 view
公共交通機関×ロードバイクで「輪行」を楽しもう!

公共交通機関×ロードバイクで「輪行」を楽しもう!

ロードバイクで輪行を楽しんでみてはいかがでしょうか。輪行とは、公共交通機関を利用して移動し、サイクリングを楽しむ旅のことを言います。飛行機や電車などを使えば移動距離が長くなるので、自分の行きたい土地でサイクリングを楽しむことが出来るというのが輪行のメリットです。
637 view
青空の色チェレステブルーが印象的なビアンキの自転車

青空の色チェレステブルーが印象的なビアンキの自転車

ユーザーが多いビアンキはカラーリングが非常に印象的で、他の自転車よりも圧倒的に目を引きます。 素敵なカラーリングの自転車で通勤などで気持ちよく走る事を多くのユーザーがすでに行っています。 そのような方々に続きビアンキの自転車に乗る事をオススメしています。
981 view
【かごなし自転車】買物が不便にならないようにする方法とは

【かごなし自転車】買物が不便にならないようにする方法とは

かごなし自転車で、買物に行くのはとても不便ですよね。ちょっとしたものならいいのですが、食品などそれなりに重量がある場合は、かごなし自転車は買物に不向きです。そこでかごなし自転車でも買物が不便にならない方法について考えてみました。
5,074 view

この記事のキーワード

◆自転車向けの便利なアプリはコチラから◆


au損保からワンちゃん・ネコちゃんや自転車に関する情報を定期的にお届け!


おすすめの記事

今注目の記事