2017年3月2日 更新

自転車好きなら必見の映画「茄子 アンダルシアの夏」

自転車好きにはぜひ見て欲しい、映画や歌というものがいくつかある。要は、マニアによるマニアのための映画というようなものだ。この「茄子 アンダルシアの夏」がそのひとつであり、必見メディアであることは間違いない。映画の魅力について、まとめてみました。

110 view お気に入り 0

映画「茄子 アンダルシアの夏」とは

gettyimages (2385)

『茄子 アンダルシアの夏』(なす アンダルシアのなつ、英題:Nasu: Summer in Andalusia)は、黒田硫黄の短編漫画集『茄子』に収録された『アンダルシアの夏』を原作とした日本のアニメーション映画。2003年7月26日に全国の松竹と東急系列の映画館で公開された(配給はアスミック・エース)。上映時間47分と一般的な映画の半分程度であることから、劇場公開当時チケットも通常の半額ということで話題になった。
半額で上映とは非常に太っ腹です。
見る人にしてみるといいことなのですが、映画館にしてみれば売上が減るわけで、
上映館が減ることがあっても増えることはないという、珍しい上映だったようです。
gettyimages (2386)

ベルギーのビール会社に雇われた自転車レーサーのペペ(声:大泉洋)は、故郷のアンダルシアでのレースに臨んでいた。しかし彼の脳裏には他のことがよぎっていた。丁度その日、兄アンヘル(声:筧利夫)の結婚式がコースの近くで執り行われていたのだ。兄の相手は自分の元恋人のカルメン(声:小池栄子)。複雑な気持ちがペペの胸中で渦巻いていた。
高校生ぐらいの時期からの時間経過が、映画全体に盛り込まれています。
若い頃の恋、その恋人を取られるも、結果的には結婚するストーリーが。
そしてスペインの田舎町、夏の景色の中で山場となる自転車レースが展開されます。

予告編はこちら

「茄子 アンダルシアの夏」予告編

やっぱり予告編は、映画の雰囲気がよく伝わりますね

茄子 アンダルシアの夏(予告編)

別の予告編です

原作は自転車漫画というわけではありません

茄子(なす)とは黒田硫黄の漫画作品である。講談社『月刊アフタヌーン』2000年11月号から2002年10月号にかけて連載された。単行本全3巻。
茄子を共通の話題とするオムニバス短編集。田舎や都会を舞台とする現代劇から、ヨーロッパの自転車レース(ロードレース)、近未来SF、時代劇と幅広いジャンルを扱う。
書き手の立場からすると、非常に話を作りづらい、オムニバス形式の漫画です。
たとえば、ドラゴンボールでいえば「7つのドラゴンボールをあつめる」という、
「通底課題」がないのです。
毎回、新しい着想や世界観に基づいて物語を考えなければなりません。
そのなかで、全体のほろ苦い雰囲気を維持しているのはさすがといったところ。
宮﨑駿も原作のファンであることを公言しています。

原作者はどんな人?

黒田 硫黄(くろだ いおう、男性、1971年1月5日 - )は、日本の漫画家。男女の双子で誕生。東日本出身。一橋大学法学部・社会学部卒業、経済学部中退。
一橋大学を卒業しているとは、秀才なんですね。
24 件
au損保から自転車に関する耳より情報をお送りします
友だち追加


関連する記事 こんな記事も人気です♪

負け組が街のヒーローに!ヤング・ゼネレーション♪

負け組が街のヒーローに!ヤング・ゼネレーション♪

街の厄介者と後ろ指差されていた負け組4人組。格差社会が鮮明だった1979年に公開された「ヤング・ゼネレーション」は、ニートと大学進学組という、対照的な青年達のリアルを映し出した名作と言われています。将来に希望が見い出せない人!一見の価値はありますよ♪
56 view
バブル女が自転車配達便のランナーに!邦画:メッセンジャー

バブル女が自転車配達便のランナーに!邦画:メッセンジャー

とっくにバブルが弾けた1999年の東京。未だにバブリー生活を満喫していた主人公ですが、ひょんなことから汗水流すメッセンジャーとして働く事に!キリギリスからアリへと転落した主人公と、彼女を取りまく人々の生き様を描いたヒューマン・コメディに注目です!
89 view
前作も見たくなっちゃう!茄子スーツケースの渡り鳥まとめ♪

前作も見たくなっちゃう!茄子スーツケースの渡り鳥まとめ♪

カンヌ国際映画祭の監督週間に初めて正式出品された日本アニメ「茄子 アンダルシアの夏」。その続編である「茄子 スーツケースの渡り鳥」をご存知でしょうか。茄子シリーズの2作目として登場した今作。懐かしのキャラクターに会いに行ってみましょう♪
90 view
自転車好き必見映画。「茄子 スーツケースの渡り鳥」

自転車好き必見映画。「茄子 スーツケースの渡り鳥」

同じく必見である自転車映画「茄子 アンダルシアの夏」の続編です。アンダルシアでは興行成績が振るわなかったのに、DVD化でとても評判になったために続編がつくられました。「茄子 スーツケースの渡り鳥」は、舞台をアンダルシアから日本に変えて身近な景色も見られる映画に仕上がっています。
148 view
【かごなし自転車】買物が不便にならないようにする方法とは

【かごなし自転車】買物が不便にならないようにする方法とは

かごなし自転車で、買物に行くのはとても不便ですよね。ちょっとしたものならいいのですが、食品などそれなりに重量がある場合は、かごなし自転車は買物に不向きです。そこでかごなし自転車でも買物が不便にならない方法について考えてみました。
5,074 view

この記事のキーワード

◆自転車向けの便利なアプリはコチラから◆


au損保からワンちゃん・ネコちゃんや自転車に関する情報を定期的にお届け!


おすすめの記事

今注目の記事