2017年3月3日 更新

自転車通学の時間は公共交通機関を利用した時よりも早い!?

自転車通学の時間は、電車やバスなどの公共交通機関を利用した時よりも効率的で、通学時間も短くなる場合もあります。公共交通機関を利用した場合、待ち時間や乗り換えのための移動時間など、無駄な時間が多くあります。運動にもなりますし、自転車通学へ切り替えてみてはいかがでしょうか。

304 view お気に入り 0

電車やバスって意外と時間がかかる

gettyimages (1334)

電車やバスを利用して、通学されている方。
電車通学の場合だと、駅の改札口から階段を上り、駅のホームに出て、電車が来るまでホームで待つ。
駅に到着すると、また階段で改札口に向かい、徒歩で学校まで通学する。
結構無駄な時間を取っていると思いませんか?
また電車は、天候や人身事故などのトラブルによって、予定通りの時間に来ない場合もあります。
バスの場合も、交通状況によっては時間通りに来なかったり、
渋滞で到着が遅れたりする場合もあります。

毎日の満員電車、辛くないですか?

gettyimages (1335)

電車もバスも公共機関を利用した場合、朝のラッシュ時間は結構辛いものがあります。
冬場はコートなどを着ていると、汗だくになってしまうこともあるのではないでしょうか?

乗り遅れると待ち時間も長い!

gettyimages (1336)

朝の通学時間は、一本後の電車が来るまでの5分10分が惜しいですよね。
朝のラッシュ時間なら、運行本数もたくさんありますが、
ラッシュ時間を過ぎてしまうと1時間に数本しかない場合もあります。
乗り遅れた場合、無駄な待ち時間を過ごさなければなりません。

自転車通学なら自分のペースで走れる

gettyimages (1354)

自転車通学のよいところは、自分のペースで走ることが出来るということです。
確かに電車やバスによる移動時間は自転車よりも早いのですが、
乗り物に乗るまでの移動時間や待ち時間を考えると、自転車で移動した方が早い場合もあります。
電車で移動した方が明らかに遅いという場合であれば、自転車通学の方が断然おすすめでしょう!

毎日同じルートを走ることで時間も規則的に!

gettyimages (1356)

自転車通学の方が時間が規則的になります。
電車やバスの場合、天候の悪化や、交通状況の悪化、
またはなんらかのトラブルに巻き込まれる可能性があるため、
運行時間通りに乗り物に乗ることが出来ない場合もあります。
自己都合以外で遅れてしまうのは気分がいいものではありませんよね。
26 件
au損保から自転車に関する耳より情報をお送りします
友だち追加


関連する記事 こんな記事も人気です♪

【学校を卒業】自転車に貼った通学許可ステッカーを剥がす

【学校を卒業】自転車に貼った通学許可ステッカーを剥がす

自転車通学に必要なのが許可ステッカーです。ですが、卒業などでステッカーが必要なくなったときには剥がしてから、自転車に乗りたいですよね。そこで、自転車の通学許可ステッカーの剥がし方について紹介します。ステッカーを剥がして乗るメリットについてもまとめました。
2,448 view
【通学中のヘルメット】自転車で通学する子供の命を守れ!

【通学中のヘルメット】自転車で通学する子供の命を守れ!

通学に自転車を利用するのは中学生以上からでしょうか。毎日暑い日も寒い日でも、命を守るために必要なのがヘルメットです。条例などで着用を義務づけられている自治体もありますが、着用方法などを守らなければ意味がありません。子供の命を守るためにも知っておきましょう。
274 view
自転車通学で荷物はどうする?前カゴ・荷台・リュック?

自転車通学で荷物はどうする?前カゴ・荷台・リュック?

自転車通学で荷物を運ぶ場合、前に乗せた方がよいのでしょうか。それとも後ろに乗せた方がよいのでしょうか。軽い荷物であれば前に乗せた方が便利ですが、重い荷物であれば、後ろに乗せた方が走行中のバランスがとりやすくなります。荷物を積む場所のメリットをお伝えします。
5,600 view
自転車通学には重たい荷物をしっかり運べるリュックが便利!

自転車通学には重たい荷物をしっかり運べるリュックが便利!

自転車通学にはリュックが便利です。大学生になると論文やレポートの提出などで、教科書や本などの重たいものを毎日持って学校へ行かなければならないこともあります。重い荷物の持ち運びにはリュックが便利です。丈夫でしっかりしたものを選びましょう。
680 view
自転車通学は、距離と安全面を考慮してから実施すべし。

自転車通学は、距離と安全面を考慮してから実施すべし。

今回は自転車通学の魅力に迫ります。ストレスなく通学ができればそれだけで魅力的です。しかし、しっかりと安全性・通学距離・車体などを考慮したうえで、初めてその恩恵にあずかれるはずです。正しく自転車を利用するために、必要な知識もご紹介します。
586 view

この記事のキーワード

◆自転車向けの便利なアプリはコチラから◆


au損保からワンちゃん・ネコちゃんや自転車に関する情報を定期的にお届け!


おすすめの記事

今注目の記事