2017年3月17日 更新

日本×台湾の合作!サイクリングロードムービー・南風・

日本と台湾が共同制作した事でも注目を集めた「南風」。作中では、日本有数のサイクリングコース「しまなみ海道」をはじめ、台湾の南国テイスト溢れるサイクリングコースが満載なんです。これを見れば、愛車と共に台湾へ飛んで行きたくなるかもしれませんよ♪

54 view お気に入り 0

◆「南風(なんぷう)」のあらすじ♪

gettyimages (2627)

黒川芽以さん演じる主人公は、どこにでも居る20代後半の女性。
恋愛や仕事に挫折しながらも、サイクリングを通じて成長していく姿は、
多くの女性に共感を与えてくれます。

風間藍子は、東京の出版会社で働くごく普通の26才。仕事も恋愛も順調♪
・・と思っていた彼女でしたが、恋人には年下女性の影が!
所詮は浮気・・そう思っていたのも束の間、恋人が選んだのは年下の女性だったのです。
結局、年下の女性に恋人を略奪されてしまい、ここから少しずつ歯車が狂っていきます。
プライベートがどん底状態の藍子を畳掛けるように人事異動が発令され、
打ち込んでいたファッション誌の担当から外される事に!
しかも配属されたのは、全く興味のない企画担当の部署でした。

何とか気を取り直そうと訪れた台湾。
自転車をレンタルしようと立ち寄ったお店で、台湾人女性トントンと出会います。
ひょんな事から一緒に旅をする事になった二人ですが、お互いの気持ちが噛み合わない事も。
反発し合いながらも続く旅。
台湾人の青年「ユウ」、日本人サイクリストの「ゴウ」との出会いを経て、次第に成長していく二人。
果たして藍子は、人生の迷路から抜け出せる事が出来るのでしょうか・・。

◆主演の黒川芽以さんインタビュー♪

「実は撮影のあと自転車を買ってしまって。やられたな、と思いました」
 開口一番、こう打ち明けた。
「(クロスバイクは)こんなに楽なのかと驚きました。それに、自転車をこぐことで景色がどんどん流れて『前に進む』という感覚は、精神的に疲れている時にも効果的だと感じました」
gettyimages (2623)

全編通して500kmにも渡る台湾サイクリングロケを敢行した黒川芽以さん。
公開に向けたプロモーションの一環として受けたインタビューでは、
台湾の名所を巡るロケについてもコメントしています。
今作で初めてクロスバイクを経験したという黒川さんですが、
華麗なハンドルさばきを萩生田宏治監督に褒められたんだとか。
ママチャリからスピード感のあるクロスバイクに乗り換える事で、
藍子の心境をリンクさせる事が出来たのかもしれませんね。

◆サイクリング天国「台湾」の魅力♪

CNNトラベルが選んだ世界でもっとも美しい自転車コースベスト10。
その中の1つのコースが、台湾の有名な観光地「日月譚」沿いのサイクリングロードです。
gettyimages (2630)

世界屈指の夜景で知られる台湾ですが、実はサイクリング大国としても有名。
大手自転車メーカーが数多く展開しており、サイクリングコースを観光スポットとして誘致しようと、
政府ぐるみの政策が勧められている都市でもあるんです。
ちなみに今作のゴールにもなっている「日月潭(リーユエタン)」は、台湾三大観光地の一つなんですよ。

◆「台湾観光貢献賞」受賞♪

台湾観光局の謝局長と、トロフィーを持つドリームキッド代表取締役社長の大和田廣樹が握手を交わす
写真とともに、日台合作映画『南風』が台湾の観光促進に多大な貢献をしたと紹介されています。
gettyimages (2629)

20 件
au損保から自転車に関する耳より情報をお送りします
友だち追加


関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

◆自転車向けの便利なアプリはコチラから◆


au損保からワンちゃん・ネコちゃんや自転車に関する情報を定期的にお届け!


おすすめの記事

今注目の記事