2017年2月9日 更新

子供の自転車事故!被害者、加害者になった時はどうする?

子供の自転車事故は年々増えてきています。被害者になってしまうこともあれば、逆に加害者になってしまうこともあるでしょう。万が一の時に備えて自転車保険に加入しておくと安心です。事故を防ぐためには、子供に交通ルールを教え、安全に自転車に乗ることを教えましょう。

387 view お気に入り 0

子供の自転車事故は他人事ではありません!

gettyimages (599)

幼児の頃は、ママと一緒に自転車でお出かけするのが普通ですが、子供の成長と共に、1人で自転車に乗って出かけることも多くなるのではないでしょうか。
小学校に入ると友達と自転車で出かけたり、塾や習い事に行くのに自転車で出かけることもあります。
さらに中高生になると行動範囲は広がり、通学や遠くまで遊びに行くのにも自転車を利用することも増えていきます。
自転車で出かけることが多くなると、心配なのが、自転車による交通事故ではないでしょうか。
子供が被害者になってしまうこともあれば、逆に加害者になってしまうこともあります。

自転車事故は誰もが遭う可能性があります

自転車事故は大変多く、近年は交通ルールの規制も厳しくなりました。基本的には軽車両として車の仲間と考えましょう、というスタンスになっています。歩道で人とぶつかれば加害者になりますし、歩道で無い場合は車道の左側を車と一緒に走るということになります。右側にスペースがあるからと走れば逆そうになりますし、車道を左端に障害物があって避けようとよろけたりして車に接触することもあります。たかが「自転車」されど「自転車」、最悪の場合、死亡事故の加害者にも被害者にもなりうるのです。

また、自転車に乗っているのが子供の場合は親の監督責任も問われます。日頃から自転車の運転を軽視しない体制を家庭でとっていきたいですね。

子供が被害者になった場合は?

thinkstock (602)

子供が自転車に乗っていて、車と接触事故をおこしてしまった場合、以下の順序で処理しましょう。

①けが人の救護を行い、緊急性を要する場合は救急車の要請します。
②安全な場所に移動し二次被害を防止します。
③警察へ連絡をします。
④相手の連絡先を確認します。
⑤医療機関に行きます。
⑥保険に入っている場合は、保険会社へ事故報告を行います。

子供が加害者になった場合は?

子供が自転車に乗って、お年寄りとぶつかり怪我をさせてしまうなど、交通事故の加害者になった場合、親が子供の代わりに賠償責任を負わなければならないケースもあります。
thinkstock (607)

自転車保険に入っておく!

目玉が飛び出るくらいの高額請求がくることも!

狭い歩道を自転車で走っていたところ、
お店から出てきた人とぶつかりケガを負わせ、2,993万円の賠償判決を受けた。
かなり高額の請求がくることも!
自転車に乗るだけで保険に入るの?と驚かれる方もいるかもしれませんが、やはり人生は何が起こるかわかりません。
自転車事故の加害者になった場合、高額の賠償金を支払わなければならないケースもあります。
月々500円ぐらいで入れる自転車保険もありますので、日常自転車に乗ることが多いお子様であれば、やはり入っておいた方がよいでしょう。
月々500円ほどの保険の自転車保険の場合、自転車で相手に怪我をさせた場合であれば、個人賠償責任補償の保険金額(補償額)は1億円ぐらいです。
自転車で自分が怪我をした場合も、保険金が下り、入院日額は6千円、通院日額は1千円ぐらいです。
自転車保険にはさまざまなものがあり、保険の内容や補償金額にも違いがあります。
色々な自転車保険のサービス内容を比較して、選ばれるとよいでしょう。
20 件
au損保から自転車に関する耳より情報をお送りします
友だち追加


関連する記事 こんな記事も人気です♪

いざという時の為に!子供の自転車事故の賠償へ備えよう

いざという時の為に!子供の自転車事故の賠償へ備えよう

近場に行く時に便利なので、子供が自転車に乗っているケースも多いでしょう。 万が一誰かにケガをさせてしまって、損害賠償請求があった場合を想定した事があるでしょうか? いざという時の為にどうしておいたら良いか、こちらでは詳しく紹介していきます。
105 view
【高齢者の自転車事故】原因は交通ルールを知らないこと

【高齢者の自転車事故】原因は交通ルールを知らないこと

ご高齢の方が交通事故に遭遇してしまうケースが最近増えています。その中で自転車走行中での交通事故に遭遇してしまう原因とは何でしょうか。自転車事故に遭わないようにするためにはどうすればいいのか、万が一の保険についても調べてみました。
623 view
子供に適したサイズの自転車選び。親子で自転車を楽しもう!

子供に適したサイズの自転車選び。親子で自転車を楽しもう!

近年では親子で楽しめるアクテビティが親子の絆を深め、子供の成長を促すのには必要不可欠となってきています。天気の良い日に親子で一緒に自転車に乗ってサイクリングをすれば、成長のため健康のためにも良いのではないでしょうか?そこで親子で楽しめるように自転車購入準備についてご紹介♪
112 view
【通学中のヘルメット】自転車で通学する子供の命を守れ!

【通学中のヘルメット】自転車で通学する子供の命を守れ!

通学に自転車を利用するのは中学生以上からでしょうか。毎日暑い日も寒い日でも、命を守るために必要なのがヘルメットです。条例などで着用を義務づけられている自治体もありますが、着用方法などを守らなければ意味がありません。子供の命を守るためにも知っておきましょう。
328 view
【事故多発!】高齢者が自転車事故を起こしやすい原因とは?

【事故多発!】高齢者が自転車事故を起こしやすい原因とは?

道路の整備が整いつつある現在で、自転車事故につながる原因は意外なところから生じているようです。その事故の内容を徹底的に調査してみました。自分の家族が事故を起こさないため、自分が加害者にならないために原因を知って、少しでも事故を減らせるようにしていきましょう。
472 view

この記事のキーワード

◆自転車向けの便利なアプリはコチラから◆


au損保からワンちゃん・ネコちゃんや自転車に関する情報を定期的にお届け!


おすすめの記事

今注目の記事